■ブラジル雑貨のお店BomDia!■

ブラジル料理レシピ

【ハバーダ(牛テールのトマト煮)】

ブラジルでは、日替わり定食の木曜日のメニューがこれ、ハバーダ。 牛の尻尾をトマトで煮込んだお料理。黒人奴隷に由来しているお料理です(黒人奴隷が食べることができた部位を使ったお料理。代表的なものに、豚の耳などを黒豆と煮込んだ「フェジョアーダ」があります)。
rabo(ハボ)=牛テール、プラス、batata(バタタ)=じゃがいも、で Rabada(ハバーダ)。ブラジルではじゃがいもをまるごと入れて、とろとろになるまで煮込みます。寒い季節にはぴったり。
用意するもの(3〜4人分)

*牛テール 400g
*じゃがいも 1個
*たまねぎ 1個
*ニンジン 1本
*サラダ油 適量
*赤ワイン 100cc
*トマト水煮(缶詰) 1缶
*水 200cc
*塩 小さじ2杯
*コショウ 少々

作り方
(1)牛テールは、5cmぐらいの大きさに切る。じゃがいも、ニンジンは大きめの乱切りに、たまねぎはくし型に切る。
(2)鍋にサラダ油をしき、あたたまったら(1)を入れてよく炒める。
(3)牛テール、野菜が炒まったら、赤ワイン、トマト水煮、水を入れて煮込む。
(4)牛テールがやわらかくなるまで、3〜4時間煮込む(骨と肉がはがれるぐらい)。
(5)塩とコショウを加え、味を調えたら、できあがり。
お問い合わせ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー

Copyright (C) 2005-2016 BomDia! All Rights Reserved.