■ブラジル雑貨のお店BomDia!■

ブラジルのこと

【イグアス国立公園(2)】

今回は、イグアス国立公園内にあるホテルをご紹介いたします。

(3)ホテル・ダス・カタラタス イグアス国立公園内には、ホテルが1軒だけあります。
「ホテル・ダス・カタラタス(Hotel Das Cataratas)」−カタラタスとはWaterfall、つまり「滝」を意味しますが、その名の通り、このホテルはイグアスの滝のすぐ近くに建っています。
公園内を走る2階建てバスの3つ目のバス停が「ホテル・ダス・カタラタス」であり、ここからイグアスの滝への遊歩道が延びています。

フォス・ド・イグアスの街中にあるホテルと比べると、宿泊料金がやや高めであったり、公園内にあるため街中に出るのに交通の便が悪かったりということがありますが、「ホテル・ダス・カタラタス」が公園内にあるからこその特典が、このホテルの宿泊者にはあります。

イグアス国立公園は完全に入場が制限され、月曜日は13:00〜17:00まで、火曜日〜日曜日は8:00〜17:00(10月〜3月は18:00閉園)、となっています。
しかし「ホテル・ダス・カタラタス」の宿泊者であれば、曜日や開園時間、また、公園内を走るバスの運行時間に関係なく滝を見学することができます。
早朝、散歩がてらイグアスの滝までの遊歩道を歩き、誰もいない中で滝を独り占めすることもできます。マイナスイオンを全身に浴びて、とても気持ちがいいものです。
また、夜には星空の下の滝を見ることもできます。(道が暗いので少し怖いですが。)

ホテルについてもご紹介しましょう。 淡いピンクの外観が特徴的なコロニアルな造りの「ホテル・ダス・カタラタス」。最新型のホテルではないのですが、その古めかしさが落ち着いた独特の雰囲気を醸し出しています。

客室内。部屋の中にいても、滝の轟音が聞こえてきます。 ホテル内はとてもクラシカルで落ち着いた雰囲気
 
ホテル内のプール プールサイドのレストランでは夜にシュラスコが楽しめます。


レストランのテラスで朝食を食べていると、ホテルのシンボルであるかのような大きな木には、小さな鳥に混じってブラジルの国鳥トゥッカーノの姿を見ることができました。
ホテルには展望塔もあります。探してみてくださいね。

イグアスの滝を満喫するなら、イグアス国立公園内に位置する「ホテル・ダス・カタラタス」に宿泊することをお勧めします。陸の孤島のようなホテルで、何もせずに数日間を過ごす…これぞリゾートでの時間の使い方ではないでしょうか。

次回「イグアス国立公園(3)」では、公園内で楽しめるアクティビティ、エコツアーをご紹介いたします。

update:October 20th, 2008




お問い合わせ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー

Copyright (C) 2005-2016 BomDia! All Rights Reserved.