■ブラジル雑貨のお店BomDia!■

ブラジルのこと

【ブラジルのバール】

ブラジルの街を歩けば、どこにでもある。それが「バール」。英語の「bar(バー)」をポルトガル語読みしたものですが、食事ができる「レストラン」でもあり、軽食も食べられる「喫茶店」でもあり、お酒が飲める「飲み屋」でもあります。 店頭のガラスケースには、パステウやコシーニャなどの軽食がいつでも並んでいます。

店頭ではサンドイッチなども売っています。

ブラジル人にとって、バールは欠かせないもの。
例えば、朝。出勤前にバールで朝食をとったり、コーヒーを飲んだり。昼食には、フェジョアーダ(水曜日・土曜日)やドブラジンニャ(火曜日)やハバーダ(木曜日)などにご飯とサラダがついた、日替わり定食を食べたり。散歩や仕事の途中に、のどを潤したり一息ついたり。そして夜はもちろん、仕事が終わってアルコールで一杯。

一口に「バール」といっても、そのお店の雰囲気は様々です。まさに「飲み屋」という感じの店もあれば、テーブルが並ぶ食堂風のお店もあります(バールをもっとレストランっぽくしたのを「ランショネッテ」と言います)。一般のバールはどちらかと言うと男性客が多いように思えますが、 凝った内装にしたりスイーツなどを置いたりして、女性やカップルを意識しているお店もあります。

お昼時にはたいへんにぎわいます。

バールの魅力は、カウンターで隣り合った知らない者同士でもすぐに話が始まるところ。
ブラジル人はとっても気さく。
ブラジルに行った際には、是非バールに行ってみてください。

update:February 16th, 2006



お問い合わせ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー

Copyright (C) 2005-2016 BomDia! All Rights Reserved.