■ブラジル雑貨のお店BomDia!■

ブラジルのこと

【ブラジルの国旗と国名】

ブラジルの国旗は、サッカーのワールドカップなどでもよく見かけますね。その国旗の意味、ご存知でしょうか?

世界の国旗の中でも珍しいことですが、ブラジルの国旗には文字が書かれています。ORDEM e PROGRESSO」、英語にすると「ORDER and PROGRESS」つまり「秩序と進歩」という意味です。これは、フランス人哲学者のオーギュスト・コントの「進歩は秩序の成果であり、秩序は進歩の結果である」という説から来ています。
緑は森林、黄色は鉱物資源、青い円は天体、白い帯はアマゾン河を象徴。ブラジルの豊かな自然を国旗に表しています。
天体の中にある星は23で、22の州と連邦(首都)の数です。星座は、無血革命で共和制になった際の1889年11月15日8時30分のリオ・デ・ジャネイロの空を再現したものだそうです。

ブラジルってどんな国?(1)」でもお話したように、正式国名はブラジル連邦共和国。ポルトガル語での正式名称は、Republica Federativa do Brasil。通称、Brasil。英語での表記は、Federative Republic of Brazil。通称、Brazil、となります。

ブラジルの国名は、「ブラジル木(Pau Brasil=パオ・ブラジル)」と呼ばれる木の名前に由来しています。この木は、ポルトガル人が赤色染料の原料として用いていた木に似ており、当時ブラジルにおける重要な輸出品でもありました。 ブラジルは発見当初は「Terra Nova(新しい土地)」、「Terra de Papagaio(オウムの土地)」、「Terra de Vera Cruz(真十字架の土地)」などの名前で呼ばれていましたが、「ブラジル木が自生している土地」という意味で「Terra de Brasil(ブラジルの土地)」とも呼ばれ、1530年ごろからは略されて単にブラジルと呼ばれるようになったということです。

ちなみに、「ブラジル木」は現在では染料として用いられることはありませんが、バイオリンの弓の特用材として用いられているそうです。

update:November 10th, 2005



お問い合わせ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー

Copyright (C) 2005-2016 BomDia! All Rights Reserved.